忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)09:44

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

バイバイ、ママ

2011/02/01(Tue)00:24

51OHvc2qE2L__SL500_AA300_.jpg


ケヴィン・ベーコン監督作品、ということで観てみました★

英題の『Lover boy』のままの方が良かったんではないかしらん??と思いましたが

オハナシの内容は

主人公エミリーはとにかく子供が欲しい。
精子バンクから精子を取りよせ、人工授精を試みるも上手くいかず
男漁りにも余念がない。
彼女は男が欲しいのではなく、とにかく子供が欲しいのだ。

そんなこんなで出来た愛息子に、エミリーは一種偏執とも言える程執着する。
二人きりの世界で、息子を自分だけのものに。
学校に行かせることを頑なに拒否し、
いざ行かせたとなっても、あれやこれや理由をつけては早退を繰り返させる始末。

しかし息子は徐々に成長していき、外の世界に興味を持ち始め
反抗するようになる(とはいっても可愛いもの。だってまだ6歳)
そして彼女は、二人の世界を永遠にするために…


という話なのですが。
これだけ見たら、物凄いホラーっぽいんだけども実際観てみたらそうゆう感じじゃなくて
確かに偏執的ではあるけども、それでもああ、理解出来る気がするなぁ、という感じ。
ママは本当に心の底から子供のことを愛してて
子供さえいれば、世界は充足感に満ちていた。
だけどやっぱり、子供には好奇心とか探究心があるから
外の世界に出ようとするし、いつまでもママと一緒じゃカッコ悪いと幼心に思ってしまう。
子供の自立心
そして子離れできない精神。
子供は無邪気で、そして時に酷く残酷。
男同志の話だから、と言ってママを仲間外れにしたりする。
それは悪気のある行為じゃなくて、普通なんだけど。
それでも、子供が世界な彼女には耐えきれない衝撃を与える。

なんか、色んな意味で抱きしめてあげたくなる映画だった。
まぁ、話の内容とか映画の出来的にはイマイチなんだけども。
とにかく、子役の男の子が超絶可愛くて
こんなん出来たら、そりゃ溺愛するかもね!という感じ。


妊娠する前のマドンナが
『私は夫はいらない。子供が欲しいだけ。
 だから男はその為の道具なのよ』と言いきっていて
かっちょいいなぁ!と思ったのですが
確かに経済力があって、それこそ子供を育てることに支障がなければ
そうゆう考え方になってもおかしくない、とは思う。
世の中に、夫は要らないけど子供は欲しいなぁと思ってる女の人って
実は結構いるんじゃないかしらん。
結婚したくないけど、子供は産んでみたい、とか。それなりによく聞くし。

まぁ実際のところ、それで上手くいくところもあれば
やはり男親がいないことで障害なり、精神的な安定の欠如だったりがあるかもしれませんが
マドンナさんトコロのお子様はセレブでぶっ飛んではいますが
まあ…ちゃんと育ってはいるので(というか、問題は男親がいる、いないじゃなくて金銭感覚だし)
良いのでしょう。




こうゆう溺愛ママンを見てると
うちのラー子のママを思い出したりする。
多かれ少なかれ、自分の子供を愛してない親はいない。
だけどその一線、ほんの少しの境界線を踏み誤るだけで、とても危うくなる。
それって、どんなことに関してもなんだけども。
その境界線ぎりぎりの、そんな心情が描いてみたかったりします。はははん。


拍手、ありがとうございました~★
続きは拍手御礼~~~★


>ゆりさん

いやぁ…今、親知らずないよ!て人を見たら無条件に殺意を覚えます(死)
しかし、案外みんな抜いてたりして、逆に吃驚しました。
うう。
看護師さんにも 「そんな怖がらなくても大丈夫よー」と宥められました…
(どんだけ怯えてるように見えたのだろう…)
まぁ、遅くとも来週末には抜歯されてると思います。
歯と一緒に魂まで抜けそうです…(死)


>30日拍手メッセくださった方へ

ネタ、勝手にいただいて申しわけありません(事後承諾(死))
でも気に入っていただけたみたいで良かったデス。
確かに目がきらきらはキツイですね…キツイ魔王軍第一位はザボエラですね。
可愛いおじいちゃんとか、ないですね!!むふん。

ところで、もしかしてバランパパン好きーな方ですか??
最近、パパ関連でよくメッセをいただくんですが…
僕の知らないところでパパ祭りが開催されてる???www
パパ好きなら嬉しいです★僕も大好きなんで~

それでは、また覗いてやってくださいませ★
らぶ!


>雁花ちゃん

メッセありがとう~~
風邪は治りません!というか、なんだか一進一退を繰り返してこう着状態です…
なしてこんなことになるのかしらね…??
母も既に諦めモードな感じで生温く僕を眺めております…
うう…
妹はなんだか復活したっぽいんだけどな…
羨ましい…何が足りないんだろう??体温??(これは足りてない)
生姜とか摂取して、身体の中から温めなきゃならんのだろうね…
そりでは、また近いうちにランチでも行きましょう~
親知らず地獄が片付いたらな!(爆)




それでは、あでゅーーーーー

拍手

PR

No.279|映画関係Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :