忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)09:59

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

010

2010/10/13(Wed)14:10

mad.jpg

気分がまったりだったので(今後なかなかまったり出来なさそうなことを鑑みれば、これは貴重な時間なのかもしれないけれど)
少しテンション上げる為に引っ張り出してきました。
言わずと知れたマッドカプセルマーケッツの名盤。10枚目のアルバムにして、多分最高傑作。『010』

ひとりで部屋で聞いて、ひとりでヘドバンする(死)
ちょっと変な人…(死)

マッドの作品の中で、最もインダストリアルな音源。
音は激しく早く、そして軽く重い。打ち込みの疾走感は半端がないし、体は自然に跳ねる。
最初っから最後まで、走りっぱなし。
メロコアな部分もあるけれど、全体のスピード感を損なうことはないし
日本人は、彼らが同じ人種であることを誇りに思うべきだ。
海外評価も高いけど、それは当然だと思う。
僕的には、このアルバムがマッドの作品で一番カッコイイと思う。
マッドを聴こう、と思って手に取るのはほぼ間違いなくこのアルバムだし。
ただ、ドライブとかで流すにしては僕は絶対ヘドバンしてしまうので(死)危険極まりないので却下。
ノリが良すぎるのも問題か。
DJで流すにしても、このままいじりたくないよ思ってしまうのが難点。
完成度が高すぎる。

10曲目のタイトル
『THIS IS THE MAD STYLE』
思わず首を縦に振る。そんな感じ。

とにかくカッコイイ。このアルバム聴いて、カッコイイと思わなかったら
僕とは絶対に気が合わない(笑)
(もっと静かな曲が好き、とかあると思うけど、カッコイイと思うか思わないかは別でしょ??)

しかしマッドの真骨頂は勿論生なのだ!!
ライブ最高!!!

しかしこのアルバムももう10年くらい前ですよ…(2001年発売だし)
最初に聴いた時は若さも相まって『FLY HIGHT』 で本当に飛んだ。
ライブで聴きがら、跳ねまわりすぎて貧血起こしかけたし(死)
楽しかったなぁ…

全然古さを感じない。というか、今こんなカッコイイ音作れるアーティストいないんじゃないかな??
マッドはマッド。何処までもマッド。
二番煎じの存在しないバンドだと思う。


拍手ありがとうございました~★

拍手

PR

No.221|音楽のことComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :