忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/04/05(Sun)00:39

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

マジックディスク

2010/07/04(Sun)17:07

ASIAN KUNG-FU GENERATION の新譜。
マジックディスク。
途中、前奏部分とかがアジカンらしくない!て思ったりもしましたが、全体はいつも通り。
アジカンはめっちゃ好き、というわけでなくダラダラ聴くのが好きなんですけども。独特の世界観をもってるアーティストだとは思います。
ダラダラ聴いてるから、特に飽きたりもせず気がついたら同じCDをまる一週間聴き続けてたりするんですけど。それも苦にならない。
てか、「あ、かけてたっけ??」みたいな。

若い子に人気があるような、夢いっぱい、希望いっぱい、みたいな歌が大嫌いで(笑)
恋愛ソングも好きじゃなくて(死)
青春!みたいな歌は寒いと思うし。
それこそ、今まで売れた歌の歌詞寄せ集めたみたいなありきたりなメッセージじゃ届かない。
そんなん誰でも書けるじゃない?て思う。

世界を切り取る切り口は、人それぞれ。
その切り口をどう見せるか、がアーティストであり、作家であり、演出家なのだ、と思う。
万人が万人、綺麗な言葉を吐いたら気持ちが悪い。
そんな歌詞耳にするくらいなら、幼稚園の七夕の短冊でも読むわ。

だから自分が好きなアーティストは決してメジャーじゃないのだ、て自覚もしてるんですけど
アーティストが他人の顔色伺ったら終わりだ、と思う。

だからアジカンはずっとこのままでいいのだ。
そしてアギレラちゃんも。
(なんだかアギレラちゃんの新しいアルバムの評価のところに『視聴者置いてきぼりの、自分が好きなことを詰めたアルバム』、てあって。いいんじゃないか、と思ったんですよね。彼女がやりたいことをする為に築いてるキャリアじゃないか、と。売れる為に、売れ筋の曲歌わされてた下詰みを経て、今があるんだから)

しかしアジカンは本当にずっとこうなんだな…
なんだか安心しました。
今回のアルバムの完成度は高いと思います。
耳馴染みもいいし。キャッチー。

へヴィロテかな…



けど、今回のジャケは正直ダサい………
これでOKしたのは誰だ??はぁ…


拍手、ありがとうございました~

拍手

PR

No.147|音楽のことComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :