忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)10:40

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

初めての救急

2013/05/09(Thu)09:24

こんにちは。
ゴールデンウィークでしたね。
最近は朝晩の温度差が酷くて、体調崩し易い日々ですが
皆様、いかがお過ごし?


さて。
旦那がゴールデンウィーク、何それ?美味しいの?て仕事なので(死)
私も必然的に、連休って何?で過ごしたわけですが
そんな最中、注文していた押し入れ収納ケースが届きまして
旦那が仕事で不在の間に、組み立ててしまおう!と
孤軍奮闘しました。


で。

取説観ながら作ったんだけども、途中で間違っちゃって
(そしてその間違えには、最初の方で気づいてて、これ間違っててもあんまり不都合なくね?と続行していて)

結果、不都合が生じて(死)

間違って差し込んでいた部品が抜けない!

抜けなければ、完成しない!という状態で。


まぁ悪戦苦闘。

工具で、ガリガリしながら無理矢理引っこ抜いたら
その反動で、その部品が顔にクリーンヒット。

流血。


鏡見たら、傷口がえぐれちゃってるみたいになってて
瞬間、血の気が引きました。


傷自体は、一センチくらいなので、顔じゃなかったら別に
ああ。ドジったなぁ…てなもんだったのですが
流石に顔だったので
(美人でもなんでもないですが、流石に顔に傷をつけるのはショックがでかかった)

とりあえず、休日診療もしてる救急病院に電話をしまして
診てもらえる算段をつけました。

傷が小さいので、こんなことで救急って、他に重体の人とかいたら凄い迷惑だよなぁ、とか
反省しながら問い合わせしたのですが

「大丈夫なんで来てください」と言っていただけて、それだけで大分楽な感じ。



で、診てもらって、顔だから出血が激しかったけど
傷自体も大したことなく
跡も残らない、とお墨付きを頂き
本当に簡単な処置で済みました。

(傷を洗浄して、テープで固定するだけ。その後の塗り薬等もいただかないレベル)

外科の看護師さんが、多分母と大して変わらないくらいの年齢だと思うんだけど
その人が凄い優しくて

「怖かったね、びっくりしちゃったよね?」と
頭をなでてくださって


ちょっと

えっと、三十路越えてんですけど……と

嬉しいながら、微妙な心境になりました。
(その人の態度とかは、本当にありがたいんだけども、そんな風に接される程に自分が焦っていたのか?とか
幾つに見えてんだ?とか、色々ぐるぐる)

そして、その看護師さんが
ご年配な方なのに、つけまつげバッシバシなことにも驚いた。


何か色々衝撃的な体験でした。



で、初めて休日救急診療をうけたわけですが



休日診療代、たっけぇ!!



いや、本当に。



皆さんもお気を付け下さいね。

旦那からは、組み立て類は全部俺がするから触るな!と怒られるし
実親からも、なんであんたはそんなそそっかしいの!て叱られるし

ぷっぷー(・ε・)




ちょこちょこ拍手くださって、ありがとうございます!!
なかなかサイトチェック出来てないんですが、励みになります!

らぶちゅーーーー

拍手

PR

No.406|未選択Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字