忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)10:39

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ダニー ザ ドッグ

2011/03/06(Sun)23:09

5173C8JXG3L__SL500_AA300_.jpg


弟に先に見られて悶々としてた映画。
やっと観れたよ!こんちきしょう!!

ダニーザドッグです。何故かドニーダーコと言い間違えてしまうのは
僕がただのドニーダーコ馬鹿だからかもしれませんが。

ダニーザドッグ。
上質な映画だった!!良かった!!
流石、ジェット・リー!


内容は
ダニー(ジェット・リー)は、ボスの犬だ。ボスは金貸しをしていて、返さない奴には容赦なくダニーをけしかける。
首輪を外され「殺れ」の合図で、ダニーのスイッチが入る。
そこに恐怖も何もなく、ただ指定された相手を倒す。それが犬のダニーの仕事。
しかしある日、集金に訪れたアンティークショップの倉庫で、ダニーは一台のピアノに目を奪われる。
そしてそこに盲目のピアノ調律師のサム(モーガン・フリーマン)が現れ、怯えるダニーにピアノの弾き方を教える。
ある仕事の帰り道、ボスに恨みを持った男の襲撃を受けて、ダニーは命からがら逃げ出す。
ダニーはサムに助けられて、家へと匿われる。
犬ではなく、人間として接してくれるサム、音楽、そしてサムの娘。
ダニーは徐々に犬から人間へと変わっていく。
思い出せない自分の両親、自分の過去。
人の優しさに触れたことで、もう他人を傷つけたくないと、暴力に怯えるダニー。
しかし再びボスに見つかり、戦うことを強制され、ダニーは必死で抗いながら
自分の過去と向き合い、そして歩き出す。


そんなオハナシ。

とにかく、ジェット・リーが!!犬なんだよ!本当に!!
ずっと犬を見て役作りをしたらしいけど、本当にまさに犬。
狂犬。そして飼い主に従順。そして捨て犬。
スイッチが入る瞬間がぞくりとする。表情だけで、空気も何もかも変えてしまう。
ジェット・リーは本当に素晴らしい。
勿論。彼ならではのアクションも素晴らしい。
アクション指揮のユエン・ウーピンは相も変わらず天才。
魅せる、魅せる。
ワイヤーの使い方が上手くて、不自然じゃないし、リアルなんだよね。

サムのトコロに匿われて、心を開かず、ベッドの下に隠れながら怯えて出された食事を食べるシーンとか
本気で可愛い。くそう、可愛い!!
首輪を外して生まれ変わったと表する場面も良い。
大人、子供、犬、人間、色んな表情、色んな感情、そんなものが非常に上手く演じられている。

モーガン・フリーマンは言わずもがなだし。
もう、なんであんなにカッコいいんだろう??
良質な映画だと思う。
確かに残酷なんだけど、それがちゃんと意味のある残酷さなんだよね。

アクション映画だけど、アクション映画じゃないと思う。
アクションシーンも沢山あるけど、これはヒューマンドラマだ。


観ても損はないよ!!絶対!!


拍手、ありがとうございました~

拍手

PR

No.301|映画関係Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :