忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/04/05(Sun)01:14

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ダウン

2011/02/28(Mon)23:49

51ZMXFTA1JL__SL500_AA300_.jpg


さて。前評判も最悪で、期待値はゼロな映画。ダウンです。
B級臭が堪らない!と思ったのですが、実際はB級どころじゃなかった…
いやぁ…
もう…
酷いね!!


内容は

主人公はエレベーター整備士。
高層ビルのエレベーターで事故が発生し、原因を調査。
しかし原因は見つからず、そうこうしているうちに再びエレベーター事故が発生する。
取材記者と共に彼は隠された原因を探り出す!

というオハナシ。

本作は20年以上前のB級ホラーのリメイクなんですが
いやぁ…駄作。というよりも、なんだろう?B級なんだけど、監督がB級になるんをかたくなに拒否した結果
目も当てられない、みたいなことに…

まずエレベーターが殺戮って段階で何をどう頑張ったところでB級にしかならないだろうに。
昔の作品は、それこそ無名の役者で叫ぶだけ、みたいなお約束B級感。
お手軽+チープな感じだったのですが
何を思ったか主演にナオミ・ワッツ起用。ナオミ…仕事選ぼうよ…

まぁ逆にナオミ・ワッツの為だけに観てもいいかも、な映画。
彼女は可愛いですね。見どころはないけどね。活躍とかもないし。


結果、エレベーター暴走の原因は
元軍の研究員だったが、研究が失敗して追い出されたマッドな科学者が作り上げた
なんだか生き物の脳をつかった機械、バイオメカで…
その結果、エレベーター大暴走。
ワイヤーを自由に動かして、人を絡め取ったり(死)
地下でなんだかよくわかんないけど、バキュームみたいに人を吸い込んだり
いやぁ…意味不明なんだけど。
意味不明なんだけど…B級でいいじゃないか…B級以外になれないのにどうした?という感じな。

何処までもB級なのに、ちゃんと撮ってる映画。
シリアスに。原因究明とかちゃんとしてて。(それがまた痛い…)

なんか…
観てて、居たたまれなくなってくる映画だった…


最後のバイオメカの映像も、今時もうちょっと子供向きの特撮でも頑張るべ?という外見で。
80年代のホラーを思い出しつつ、ちょっと頭抱えた。


ナオミ・ワッツコレクター、彼女のファン(しかも熱狂的な)以外は観る価値なし。
ないな。


拍手、ありがとうございました★

拍手

PR

No.297|映画関係Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :