忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/04/05(Sun)01:16

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

欲しいものは手に入れるのよ

2013/09/24(Tue)08:18

おはようございます。
朝、思い切り猫と遊んであげたら疲れたようで寝てくれてます。
猫の寝姿は一種、たまらんね。

眠くなる。笑


思い起こせば、本当に欲しい!と思ったものは
大抵、手に入れてるなぁと。

当時、手に入れられなかったものも
時間が経過したら、なんらかの経過を経て私の手元にやってくる。

なんとなく欲しいなぁ、程度のものはないんだけど
うわぁ!欲しい!!
絶対、いつか手に入れてやるんだから!てヤツは大概、手元にやってくる。

それこそ、急に友人が「似合うと思って」とか言ってプレゼントしてくれたり
偶然入った古着屋で売ってたり。

そういう時、ああ、私の手元にくる運命だったのね!と思う。笑


だからきっと、いつかヴィヴィアンのアナスタシアも私の手元に来るに違いない。笑

そう思うと、手に入らないストレスとか薄れてくるよね。
高くて買えない!て思ってても
ある程度の年齢になったら手に入ったりするんだよ。

逆に手に入らない間は、その品物が
てめぇにはまだ早いんだよ!て言ってるようなもんなんだ、と。
(いや、しかしアルゴンキンのコートは、若すぎる気がしないでもないんだが…派手だし。
 アイアンフィストの靴も派手だし…)


まぁ服に着られるような人間にはなりたくないので
そこだけは気をつけて、保つことを意識しなきゃな、と。
(体系だけじゃなく、精神とか、そういうものも全部含めて。自分を甘やかさない、てことが大事なんだろうな。歳を重ねれば、重ねる程、甘やかすことがダイレクトに結果に出てしまうからね)


今、読んでる本に(おおたうにサンの『うにっき』)
エルメスでお買い物をするシーンが出てくるんだけど
そこに100万越えるムートンコートが素敵だった、ていうシーンがあって

『だけどこういうコートはゆとりのあるクロゼットに、美しくかけておかねばならないんですよ。それが日常的にできないような人間には、いくらその時「買える!」と思っても、手に入れる資格はないんだろうね~』

て文章があって、膝を打つ程納得した。


ゆとりのあるクロゼット。
五万以上かかるクリーニング代(死)(100万越えるコートだと、そんなもんでしょ。値段)
そんなものが、当然、と
余裕で「え?こんなものでしょ?」くらいで出来ないと
そのコートに似合う、そのコートを着れる人間にはなれないんだろうな、と。


まぁ、私は三万のコートすら買うの悩みまくるんですけど!!!
一般人ならこんなもんだよね!!!



拍手、ありがとうございました!
らぶ!!



拍手

PR

No.427|ファッション関係Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字