忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/04/05(Sun)01:37

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

吐きだしたくなる物

2010/09/05(Sun)13:57

09 05   『another works』 に 詩、2点UP

時々、頭の中を言葉がぐるぐる回ることがある。
それが情景とかを表すような、ナレーション口調だったら小説になるし
そうではなくて 意味があるようでないような、そんな音なら詩になる。

けどそうゆう音は、結局上手く捕まえることが出来なくて
捕まえたと思ったら、尻尾だけだったりとか
それこそ頭だけだったりとか、で
結局、捕まえきれなかった残りの部分はなんとか装飾して、それらしくするしかない。

それで形になることもあれば
ぐちゃぐちゃになることもあって
読み返した時に 出だしはいいのになぁ…みたいに思うのはよくあること。

だから、『詩』 みたいに完成させないで
落書きの横に走り書いてる文章の方が、ただ捕まえられた部分のみな分
なんだか妙にカッコ良かったり、リズムが良かったりして悔しかったりする。

たとえば
『神が存在するのだとしたら 私を創りだした罪を背負え』 とか
『生きていたくないのです 死にたいわけではないのです』 とか
『言葉の羅列に惑わされろ』 とか

物凄い僕らしい文章。(死)

これをずっと書き続けられたらいいのになぁ…
とか思いながら、昔の詩を引っ張り出してきてUPしてみました★


UPしたのも、随分と昔の文章なのですが
絵もそうだし、字も、本当に全然成長しない。
言いたいこと、書きたいものが変わらないのがダメなんですかね??
書きたいものが書けてないことがもっとダメなんですけどね(死)

ああ、もう書きつくした。
言いたいことは何もない!読め!!て言えるだけの何かが残せれば本望でしょうね。
作品創ってるものとしたら。

けどそれはそれで寂しい気がする。

ううん。パラドックス。


拍手ありがとうございましたん★

拍手

PR

No.192|サイト更新履歴Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :