忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)09:55

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

優しい魔法

2010/08/26(Thu)00:35

08 26  ダイ 『novel』 に 『優しい魔法』 UP

8月26日は、うちのラー子の誕生日です!!
ということでお誕生日っぽいものをUP!!
実はイラも描きたかったんだけども、タイムアップ…うう…

このオハナシは、実は僕が初めて書いたラーママだったりします。
蝋の翼とか書く前にこれを書いてて、こっからママンのイメージを膨らませたんですよね。
まぁ、読み直して大分手直ししましたが;;(だってなんかぎこちなくて;;)


ママンは当初から絶対に親馬鹿っていうか、『天使ちゃん』とか『カワイコちゃん』とか言う人ってイメージがあって
そんなイメージから発展したハズなのに、気がついたら超絶強い人になってたね。
母は強い。
そんな人。

多分、ラー子の幼年期ってあんまり楽しい思い出はないと思うんだけど
それでも、きっとママンのことは大好きだったと思うのね。
で、大好きなママンとの楽しい、そして優しい思い出があると思うの。
そんなのを想定して、書いてみました~

話自体はとても気に入ってたり。
ママンとちびラー子の話も書きたい話いっぱいあるんだ。
目指すのは、お菓子の詰め合わせみたいな。
そんなキラキラしてて、甘くて幸せになる子供の話。

…誰が読みたがるかは置いておくとして(笑)
まぁ、ママが書きたいだけなんです、きっと。



フィクション、現実関係なく母親というものは強いと思うのですが
女性≠母親ってありますよね。
決してイコールじゃない。
女と母親は違うものだ、と。

子供を産めば誰での母親の強さを手に入れられるわけではなく
母になりきれずに女でいる女性もいるわけで。
母になりきれない人を、いつまでも女を棄ててない、とか評価されるのかも、ですが
母親と呼ばれる存在が、女として魅力的じゃないか、と言われればそうではないと思うし
母親イコール女の成れの果て、ではないと。

というよりも、女性が神聖視されるのは『母親』だからであって
子供を生み出せる、その生命の神秘がそこに『神聖さ』を見出すのだ、と。
だからただの『女』であるのならば、それは普通の人間というか…
なんて言ったらいいんだろう??

まぁ、とりあえずラー子のママンも含めて
母親というものを描く時にやはり意識してしまうわけですよ。
民俗学でいう 『妣』(グレートマザー) というものを。

そうゆう神聖性とか、母親の強さ、みたいなものは
書きたい物のひとつだたりします。


長々語ったな…★。キラり。


さて。
昨日のミサはなんだかサバトのようになり
豚は美味しくみんなでいただきました★うま!!
ブタって本当に可愛い!!

生首見ながらうっとりよ!!


拍手、ありがとうございましたんv

拍手

PR

No.185|サイト更新履歴Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :