忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/03/30(Mon)09:46

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

リスクを自覚しろ

2011/08/20(Sat)17:11

プールだけじゃなくて、近年、海水浴場も刺青禁止、みたいなことになってきてる。

これは友人達にとっては、結構な痛手というか
行ける場所がどんどんなくなってきちゃってる状態なんだけど

やはり中にはそれに反対する人もいて
文句を言う人もいる。

大阪近郊では須磨の海水浴場が今年から、条例でタトゥー禁止になったのだけど
やっぱり、自分のマイミクさんとかでも
反対してらっしゃって。



けど、そうゆうの、て仕方がないことで。
確かに偏見だ、と言われる部分も多々あるけれど
(刺青入ってる人は怖い、とか乱暴そう、とか…)
そうゆうリスクはキチンと自覚した上で、入れるものじゃないのかなぁ?と思う。

確かに若者にとって、もう既にファッションと化してるのだから、若者文化のようなものだよ、と
言う人もいる。
だけど、実際
タトゥー入れたら、ハワイには入国拒否されるし
生命保険は加入出来ないし
MRI は受けれないし
感染症の危険性は通常の数倍に跳ね上がるし
ディズニーランドも、USJも(見えるような服装なら)入園拒否、もしくは上着着用義務付けられるし
公共施設(温泉とかプール)は入れないし

健康被害+行動規制を受けることは
容易に想像できるし、また考えるべきだ、と思う。

この時代、喫煙が健康被害を招くことは常識で
タトゥーも同じように、リスクがあることは常識。

それを今更、横暴だ、とか 偏見だ、とか言うのは
ちょっと違うんじゃないかなぁ?と思うのさ。



入れた時と状況が変わったり、心境が変わった子も勿論いる。
僕の大好きな友人夫婦は、二人とも結構ガッツリ入ってるけど
(勿論、入れるリスクはしっかり覚悟の上で)
夫婦になって、子供が出来た今
連れていってあげられる場所に制限がかかることに心を痛めてる。

入れた当時は自分のことだけを考えてたら良かった。
だけど親になったら、そうゆうわけにはいかないよね?

けどそうゆう人達は、文句を言うでもなく
少し距離が離れようとも、規制されてない海に連れていってあげたりしてる。
これって、喫煙者が喫煙場所に行くようなものだ、と思う。


僕は周りに入れてる人が大勢いるので
多分に偏見は少ないと思うけど
(そして入れてる人が年々増えるので、年々一緒に温泉とか行ってくれる人が少なくなっていく…うう)
軽はずみで入れちゃう子には、やっぱりどうしても良い印象は持てない。

どれだけ考えて
絶対に後悔しない、と思っても
環境の変化や、周囲の変化で気持ちなんて変わるんだから。



軽はずみに入れて、消すために病院に通う人程
バカに見える人種もそうないけどな……ははは(毒)


まぁ、それなりの年齢になって(少なくとも成人している)
文句を言ってる人はちょっとかっちょ悪いなぁ、と思ってしまう。

それだけです。


拍手、ありがとうございました★

拍手

PR

No.350|アングラ ゴシック Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :