忍者ブログ

SPIDER DIARY

徒然なるままに…

[PR]

2020/04/05(Sun)00:43

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

探偵スルース

2011/01/10(Mon)16:36

ということで、昨日は久々に。そして今年初の劇団四季を観に行ってきました★
チケットを譲っていただいたので。いひひ。

今やってる演目が探偵スルースということで
聞いたことないし、どんなんやねん…と思いながら
いただいたパンフやタイトルを見る限り、どう見てもミステリで。

ミュージカルで殺人事件とかって…
甦るのは、何度も倒れてまた歌いながら立ちあがる
宝塚版ベルばらのオスカル最後のシーンで。
流石に三度め起き上がった時に堪え切れないで噴き出し笑ったんですが…

そうゆう一抹の心配を胸に。
まぁでも四季だし、という期待も込めて観劇したのですが。



コレ、凄いよ。
四季なのに、登場人物二人なの。
で、その二人のやりとりで、歌もなく、踊りもなく、凄いストイックな 『演劇』


話の内容は

『アンドリューは上流階級の人間で、有名な推理小説家。
 ある夜、彼の豪華な邸宅にミロと言う青年が訪ねてくる。ミロはアンドリューの妻の愛人であり、彼女と一緒に暮らすことを望みながらも、彼女の浪費癖と自身の暮らしの貧しさの為に躊躇っている。
 一方、アンドリューは妻と別れて若い女と再婚するつもりでいた。
 アンドリューが提案したのは互いの利益のため、そして相応の金を手に入れる為の奇妙な計画。
 ミロはその提案を受け入れて、架空の犯罪(保険金詐欺)を実行する。
 しかしいつしか、その共犯関係は男のプライドをかけた騙し合いから、生死をかけた危険なゲームへと変貌を遂げていく。
 やがて、邸宅に響き渡る不吉な銃声。誰が殺人者で、誰が被害者なのか。』 (スルース、パンフより)


舞台のセットは貴族の邸宅の部屋という豪華な造りで
綺麗だなぁと思ってたら
世界的にも有名な舞台美術家のジョン・ベリー作ということで妙に納得。


ミュージカルを観に行こう!と思ってたので
ちょっと肩すかしというか
吃驚したのですが
結果的には満足。良かったです。

やはり生はいいね。

今週は映画も観に行くしね。
知的部分の刺激満喫やね。いひひ。


拍手、ありがとうございました~

拍手

PR

No.267|その他趣味Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :